お茶の時間

お茶など飲みながら書き、そして読んでいただけたら幸いです。

自作品「Only Shallow ただ、希薄で…」純愛?なので短編です。そして「一目惚れ」の思い出

またまた、また自作品を書いたので、ぜひとも…(#^.^#)

 

estar.jp

 

カテゴリーを「恋愛・純愛」にしたので、短編です♪

 

大輝は高校二年生で不登校になった。
そして、毎日、朝から浜辺へ行き、犬の絵をスケッチしようとする。
ただ、その犬絵には顔がない。
思い出せない。
そんな大輝の元へ現れたのが、サングラスをかけシーモアという犬を連れた女の子、葵と出会う…。

※「Only Shallow」は、イギリスのバンドMy Bloody Valentineのアルバム「Loveless」から。

 

この先も書こうかな、とも思いましたが、やはり「純愛」と言えば、

 

一目惚れ (*´ェ`*)

 

ということで、これ以上、書くと純愛でないかもしれない…

というよりも、ただでさえ、文章下手(^^ゞやのに、

これ以上書いたら、またズレまくって滅茶苦茶になるのではなかろうか…

と想い、ここで完結にしました(^○^)

 

ちなみに、タイトルのマイ・ブラッディ・ヴァレンタインの曲も一緒にのせておこうと思います。

 

 

My Bloody Valentine - Only Shallow


My Bloody Valentine - Only Shallow

 

良い曲なのでこの曲など聞きながらでも、良かったら読んでみてくださいね(^o^)/

ちなみに、この曲の歌詞と私の自作品は、まったく関係ないです(^_^;)

マイブラさんたちも、歌詞に意味はないとインタビューでおっしゃっていましたので、音楽の雰囲気だけで、書いてみました。

(でも、著作権的にいけなかったら、タイトルは変更します、もちろん!)

 

 

LOVELESS

LOVELESS

 

 

※一目惚れ

皆様は、一目惚れはよくある方ですか?

私は今は、もうだいぶ呆けてしまって(^_^;)、あんまり周りを見てないような気がしますが、やっぱり十代くらいはありました。

 

中学時代、坂本龍一さんにそっくりな男性が、いらっしゃったのです。

私の住む場所、その時代から人口も少ないド田舎です。

だから、もう、私などびっくりΣ(゚Д゚)!

これぞ‥‥一目惚れで‥‥・゚゚・.(/□\*).・゚゚・

 

しかし、問題は多かったです。

何故かと言えば、デパート近くの(市内では)割りと人通りの多い道端で、ただ見かけただけだったからです。

「あ!」と思う間に、その方は消えてしまい‥‥

しかし、諦めない十代でした!

 

とにかく学校が休みの日には、そのデパート近くで張り込み(^^ゞ?

しておりました。

友人‥‥呆れられ‥‥ヽ(;´ω`)ノ

名前も知らない、多分、すごく年上(とはいえ20代くらい)の、ただ道で見かけた男性をみつけるなど、いくら人口の少ない場所でも、無理!

でした(^_^;)

まあ、でも良い思い出ですね(#^.^#)