お茶の時間

お茶など飲みながら書き、そして読んでいただけたら幸いです。

自作品「Only Shallow ただ、希薄で…」純愛?なので短編です。そして「一目惚れ」の思い出

またまた、また自作品を書いたので、ぜひとも…(#^.^#)

 

estar.jp

 

カテゴリーを「恋愛・純愛」にしたので、短編です♪

 

大輝は高校二年生で不登校になった。
そして、毎日、朝から浜辺へ行き、犬の絵をスケッチしようとする。
ただ、その犬絵には顔がない。
思い出せない。
そんな大輝の元へ現れたのが、サングラスをかけシーモアという犬を連れた女の子、葵と出会う…。

※「Only Shallow」は、イギリスのバンドMy Bloody Valentineのアルバム「Loveless」から。

 

この先も書こうかな、とも思いましたが、やはり「純愛」と言えば、

 

一目惚れ (*´ェ`*)

 

ということで、これ以上、書くと純愛でないかもしれない…

というよりも、ただでさえ、文章下手(^^ゞやのに、

これ以上書いたら、またズレまくって滅茶苦茶になるのではなかろうか…

と想い、ここで完結にしました(^○^)

 

ちなみに、タイトルのマイ・ブラッディ・ヴァレンタインの曲も一緒にのせておこうと思います。

 

 

My Bloody Valentine - Only Shallow


My Bloody Valentine - Only Shallow

 

良い曲なのでこの曲など聞きながらでも、良かったら読んでみてくださいね(^o^)/

ちなみに、この曲の歌詞と私の自作品は、まったく関係ないです(^_^;)

マイブラさんたちも、歌詞に意味はないとインタビューでおっしゃっていましたので、音楽の雰囲気だけで、書いてみました。

(でも、著作権的にいけなかったら、タイトルは変更します、もちろん!)

 

 

LOVELESS

LOVELESS

 

 

※一目惚れ

皆様は、一目惚れはよくある方ですか?

私は今は、もうだいぶ呆けてしまって(^_^;)、あんまり周りを見てないような気がしますが、やっぱり十代くらいはありました。

 

中学時代、坂本龍一さんにそっくりな男性が、いらっしゃったのです。

私の住む場所、その時代から人口も少ないド田舎です。

だから、もう、私などびっくりΣ(゚Д゚)!

これぞ‥‥一目惚れで‥‥・゚゚・.(/□\*).・゚゚・

 

しかし、問題は多かったです。

何故かと言えば、デパート近くの(市内では)割りと人通りの多い道端で、ただ見かけただけだったからです。

「あ!」と思う間に、その方は消えてしまい‥‥

しかし、諦めない十代でした!

 

とにかく学校が休みの日には、そのデパート近くで張り込み(^^ゞ?

しておりました。

友人‥‥呆れられ‥‥ヽ(;´ω`)ノ

名前も知らない、多分、すごく年上(とはいえ20代くらい)の、ただ道で見かけた男性をみつけるなど、いくら人口の少ない場所でも、無理!

でした(^_^;)

まあ、でも良い思い出ですね(#^.^#)

 

ん十年の中で大事だった音楽10選(後半)カオスな音楽人生♪

お題「‪ #あなたの人生で大切な音楽を10曲選んでください‬」

 

yams0811.hatenadiary.jp

 

上が前半でした。

では、後半行きます(^o^)

どうしようかな…

 

6. ヴァン・ヘイレン


Van Halen - Jump

 

 ヴァン・ヘイレンなのですが、これは何故か私のニックネームに関係あります。

 高校時代「ばん」と呼ばれていたのですが、自分でも何故、そのようなあだ名なのか不思議だったので聞いてみたら…。

 高校生の自己紹介で、私が好きだと言ったバンドの中にたまたまヴァン・ヘイレンが入っていたから…!!!

 というとってもシンプルな…(^o^)

 しかし、本当は、この時代の私は、モトリー・クルーなんかの方が好きだったんですね。もしモトリー・クルーの方がもっと有名だったら、私のあだ名「モトリー」だった…(^^ゞ…かも(#^.^#)?

f:id:yams0811:20161212120959p:plain

Motley Crue

https://www.amazon.co.jp/Shout-at-Devil-Motley-Crue/dp/B001EN1R2W/ref=sr_1_23?ie=UTF8&qid=1481512169&sr=8-23&keywords=Motley+crue

Amazonより 画像)

 

(その後のあだ名は「がんちゃん」で統一)。

 また、この「ジャンプ」は高校、大学と二度もバンドでコピーした曲なので、思い出深いです。

 

7. Red Hot Chili Peppers


Red Hot Chili Peppers - Backwoods - Live Pinkpop 1990

 

 RHCPは、とにかく「こんなバンドしたいわ(#^.^#)」と思い、がんばってた時期もありました。

 

8.King Crimson (後期クリムゾン)


King Crimson - Discipline (from 2012 DVD Live in Argentina 1994)

 

 クリムゾンにもハマりまくりました(^o^)

 90年代に知ったのですが、80年代に既にこんな音楽をつくって演奏していたこと自体、すごいな、と思いました♪

 でも、この曲「ディシプリン」ですが、聴く人により、これほど退屈な曲もないと思います。私は大好きなんですが…。めちゃくちゃ聴きまくって、耳コピでがんばってた曲…(変拍子だから難しかったです)。

 

9. Des'ree 「You Gotta Be」


Des'ree - You Gotta Be

 

 このデズリーの「ユー・ガッタ・ビー」は、90年代、20代の私のテーマ・ソングになってました。

 いろんなサイト様が歌詞を載せていらっしゃるので、ぜひ見てみてくださいね(^o^)

 持病持ちで働くにしろ、その他の活動をするのはひじょうにたいへんでした。

 そんな時に、この歌を脳内再生して乗り切っていたりしました(^^)

 

10. NOCTURNAL BLOODLUST 


NOCTURNAL BLOODLUST - Strike in fact (PV FULL)

 

 そして現在の私の「喝!!!」入れの曲です(^o^)/

 たくさんある中より、この一曲を!

 

 と、何やらとてもカオスな選曲だな…と自分でも思います。

 10曲って多いな…と思いましたが、逆でした。まだまだいっぱいあるのは

 それは私が40代だからでしょう!

 

 この先も、良い音楽をみつけて楽しみたいと思います(^○^)

 

 

ん十年の中で大事だった音楽10選です。(前半)

お題「‪ #あなたの人生で大切な音楽を10曲選んでください‬」

 

 ついさきほどTwitterでお見かけして、ぜひとも参加させていただこうと思いました。

 なかなか10曲は難しいですが、早速に…!

 

1. ビートルズ「Let It Be」


The Beatles - Let It Be - Let It Be (STEREO REMASTERED)

 

 これはまだ私が幼かった頃です。

 姉がエレクトーンを習っていたのです。その時、この曲を弾いていて、一聴惚れでした(#^.^#)

 ビートルズだと知ったのは、もっと後でした。小学生の頃。

 また、この歌詞の内容を知ったのも後で、高校の教科書に載っておりました。

When I find myself in times of trouble
ずっと悩んで苦しみ抜いたときに

Mother Mary comes to me
僕のもとに女神がやってきたんだ

Speaking words of wisdom, let it be
そしてこんな言葉を呟いた 素直に生きなさい


And in my hour of darkness
すべてが暗闇に包まれたとき

She is standing right in front of me
彼女は僕のすぐそばに立っていた

Speaking words of wisdom, let it be
そしてこう呟いたんだ 素直に生きればいいと

 

omisoaji.com

 そして、時間が過ぎ、30代で職を失い、燃え尽き症候群から鬱病にまで悪化してしまった頃に、この歌を思い出していたことも、思い出されます。

「自分ではどうしようもできないことも多い。けども、

 Let it be(なすがままに、仕方がない)」と呟く日々も今では懐かしいです。

 お世話になりっぱなしの歌です(^^)

 

2.サタデー・ナイト・フィーバー(サントラ)


Bee Gees Stayin Alive (Extended Remaster)

 

 これは小学4年生頃ですね、ディスコ・ブームというのがあったのですよ。

 小学生のチビなのに、思い切りブームに乗ってました(^_^;)

 でも、田舎だったし、もちろん、小学生なのでディスコには行けないです。

「大人になったら、絶対、でぃすこ、行く(^○^)」

 と思った音楽(映画より先に音楽を知りました)でありました。

 

3. Y.M.O 「ライディーン


※高音質版【PV】ライディーン -RYDEEN- / YMO

 

 そのディスコ・ブームのすぐ後くらいに、次はテクノ・ブーム(?)があってですね、またもや、ブームにのって(???)、YMOファンになっておりました。

 よく考えたら、当時「ミーハー」と言う言葉も流行ってたのですが、思い切りミーハー小学生だったように思います(^^ゞ

 

4. ローリング・ストーンズ「スタート・ミー・アップ」


The Rolling Stones - Start Me Up - Official Promo

 

 なんだかあまりにも一貫性がないのですが、この曲はラジオで知ったように思います。初めて、「ギターってかっこいいんだな」と思わせてくれた曲です。

 今でも好きです。

 

5. RCサクセション & 忌野清志郎さん


雨上りの夜空に RCサクセション

 

f:id:yams0811:20161211162947p:plain

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WmG%2BhwHOL.jpg

Amazonより

 

 この「い・け・な・いルージュマジック」も、未だ好きです。

「他人(ひと)目を気にして生きるなんて、くだらないことさ」

「他人(ひと)がとやかく言っても、どうしようもないことさ」

 

 という歌詞(というよりも、自分としては清志郎さんの言葉)当時の自分としては、肝に銘じておこうと思ったことです。というのも、当時の自分は、ものすごく人の目を気にしながら生活してたから…なのです(中学時代)。

 

 と、ここまで、5曲…で後半も行きます(^o^)/

 中学時代頃までの自分のテーマソングだったように思います。

 

※またもや編集で、変なことをして、二重記事になっておりました!

 申し訳ないことであります。

いじめについての自作短編小説「サバイバル」完成しました。

 ここのところ、書くことをメインに置いていたからでしょうか?

 昨日、いきなり、左奥歯の周辺に、どわっと口内炎ヽ(;´ω`)ノ

 今も治らず…ヤバいであります!

 左肩+左耳下(リンパ線あたり)も痛いので、肩こりからの腫れかもしれないですね…。

 

 そんな感じですが、以前に、一度、完成(仮)にしていた「サバイバル」という短編が、一応、大筋、完成にいたしました(^o^)

(ただ、あらすじは変わらないですが、ちょこちょこ校正は入るかもしれないです)

 

 

『 相手がいつか変わると思うなんて、幻想だ。
 誰かが助けてくれると思うなんて、おとぎ話の世界だ。
 何かを得るには、何かを捨てねばならない。 
 正しいか、間違ってるのかなんて、わからない。
 ただ、一つだけ理解したことがあった。
地獄と化した戦場で生き抜くには、
 自分が変わるしかない。』

 

 これは、Eエブリスタ様主催の「疲れた、もうイヤだ」という文面を入れたコンテスト形式のイベント参加作品です。

 

 いじめをテーマにしてみました。

 山田詠美さん「風葬の教室」や、いじめる側の方を描いた角田光代さん「放課後のフランケンシュタイン」など…いじめをテーマにした本はそれくらいしか読んだことがないのですが、なんとか挑戦してみました!

 

 良かったら読んでみてくださいね(^o^)/

 

 今度は、またまた少し休んだら、にゃんこ小説の方を書きたいと思います。

 よろしくお願いします(^○^)

 

 

みっつの自作品を更新、完結、そして、疲労(^_^;)

 今日は雨です。

 雨だからではないのですが、昨日から猛烈にエブリスタ様サイトで、自作品を書き…結果、ホラー小説「3階に、いる!」完結、サバイバル(?)学園もの「サバイバル」、そして、連載開始の、ほっこり猫・日記「トラ吉・日記」…と三つも!!

 

順番に…

 

estar.jp

 

 完結しました!

 

estar.jp

 

 いじめがテーマですが、エブリスタ様ではキーワード(タグ)に、「いじめ」は禁止のようですね…。大丈夫でしょうか?

 これは、「疲れた、もうイヤだ」からはじめる作品イベントに向けたものです。

 

estar.jp

 

 こちらは、猫が登場する作品イベントに向けたものです。

 ほっこり、ほのぼの・にゃんこ日記です。まだ書きはじめです。

 また「~にゃ」という語尾で書いているので、ちょっと読みにくいかも?

 登場人物は、「3階に、いる!」の登場人物が主です。

 

 と、短いものとはいえ、一気にこれだけ書くと、さすがに疲れました(^_^;)

 しかし、書いてる時はまるで疲労を感じないのですね。一息入れた時に、ど~っと疲労感が~!!

 

 もしよかったら読んでみてくださいね(^o^)

 バラエティ豊かになってきた…かな?

 ちょっと休憩したら、にゃんこ日記「トラ吉・日記」も先を続けたいと思います(#^.^#)

Twitterで身に覚えのない自分のツイートをみつけた!謎!

 今さっきの出来事です。

 タイトル通りなのですよ。

 

これが、謎ツイートです。

f:id:yams0811:20161203164922j:plain

これは午後4時前後の謎のツイートです。

 

 

(★検証・推理★)

 Twitterを何気なく見ていたら、Yamアイコンで同じツイートが連続で二つ載っておりました。

 私(Yam)の目の前で、今まさに、Yamがツイートしています。

 ちなみに、Twitterを見ているYamの手はまったく動いていません。

 

 さて、あなたなら、どう考えますか?

 

1・アカウントが乗っ取られた。

2・Yamのドッペルゲンガーがツイートしている。

3・なんらかの心霊現象。

4・Yamは手を動かさずにTwitterすることができるサイッキッカー。

 

 どうでしょう???

 

 Yamである私は、「ボケたか?」と一個目のツイートを見て思ったのですが、2個目のツイート(1個目と同じもの)が、自分の目の前でぽっこり現れた時は…

 驚愕!

 

 1 を考えました。

 しかし、Yam私は有名人でもなんでもない一般人です。

 一体、一般人のアカウントをのっとってなんのメリットがあるのでしょう?

 また、YamはTwitter上でお金のやり取りなどまったくしないので、カード、銀行などの情報もそこにはないです。

 

 2、3、4だったとしたら…その場で、心霊現象を目撃!!!

 4は、ありえない…と自分のことなので、思いますが、知らずに身についていたとしたら、めっちゃ…… 面倒臭い!!

 

 謎でした!

 今はなんとかなって(と思っている)ますが、これが続くと謎は深まります…!!

 

 (その前に、きっとTwitterさんに再度連絡して、別アカウントつくると思いますが…(^^ゞ

 

 ちょっとした謎めいた土曜日の昼下がりでした。

 

※ちなみに、その謎めいたツイート二つは、すぐに誰かが削除したようです。

 これまた謎! 

 

「3階に、いる!」第7話を更新しました。わんこのクロベエ編

 ただ今、何やら猛烈に首右の首が痛いであります(^^ゞ

 いつものことですが、なんというか、首、こめかみ、腰、にロイヒを貼り万全態勢で書くのですが、この万全態勢のまま外出は危険過ぎです!

 

 いや、そんなことどうでもいいのですが(^_^;)

 またまた更新しました!!

 

estar.jp

 

 こちら、第7話、25ページ目から更新です!

 

 わんこのクロベエから舞香(このお話では主人公)の携帯に電話がありました。

 クロベエくん、何やら機械のような話し方ですが、なんでかな…と言えば

 (先は読んだらすぐに発覚します)

 

 懐かしのAIBO

 

 だからです(^o^)/

 ってネタバレです!

f:id:yams0811:20161203111802p:plain

 

 

 

 なんでAIBOが登場したかと言いますと、先に「ヘルプレス」という人口知能に支配される(征服される)近未来を書いた掌篇小説を書いてみました。

 人工知能について調べてる時に、懐かしのAIBOも出てきて、思わず!

 ついでに、YouTubeAIBO大集合、ダンス・シーンなど見てたら、結構、これがかわいくてですね、しかも、AIBOを所有している方にとっては、ほんとの犬、相棒(だから、アイボですね)の如く大事な存在なのですね。

 

 というわけで、入れてしました(^○^)

 ますます怖くないやん!!!

 とは自分でも思ってます…。

 ホラーというよりも、オカルト・ファンタジーとかにすれば良かったでしょうか…?

 

 多分、次の話辺りからちょっとは怖くなるはずなのですが…!!

 なんか書いてたら「どうしよう…」という気分になってきたので、とりあえず良かったら、読んでみてくださいね(^o^)

(ぐだぐだ~と終わりました…)